外壁塗装会社選びのポイント

外壁塗装会社選びのポイント
外壁塗装会社、非常にたくさんなり悩んでいるのではないでしょうか。 こちらで場会社選びの際のポイント5つについて説明をしてまいります。 一見わかりにくい会社選びも、下記の観点から見て選んでみてはいかがでしょうか。我が家に最適な外壁塗装会社が見つかるかも!?
外壁塗装会社選びの
チェックリスト
  • 専門業者かどうか
  • 職人の質を見極める
  • 施工実績を必ず確認する
  • 追加費用の有無を聞いておく
  • コミュニケーションがとりやすいか

ポイント① 専門業者かどうか

外壁塗装の業者には大きく分けて3つのパターンがあります。

  1. 訪問販売業者
  2. 店舗販売業者
  3. 個人事業主

訪問販売業者は、基本的には訪問販売、もしくはテレアポ(電話でのアポイント取得)を行い、自分のところでは工事はせず、専門会社に依頼をします。専門会社への紹介料で利益を上げている会社です。このような会社がすべて悪いわけではありませんが、その後の工事に責任を持たずに紹介をしてくることがありますので、注意をしましょう。

店舗販売業者がオススメ

店舗販売業者は地元に店舗を構えて商売をしていることが多いです。実際に店舗に行って説明を聞いたりすることもできるので非常にオススメです。

個人事業主に関しては、親方と2~3人の職人で外壁塗装を行っていることが多いです。こういった会社とはきちんと話をし、人と人の付き合いに入っての発注ができますので、信用できる人に依頼をしたほうがいいかと思います。ただし注意としては、個人事業主の方のビジネスは多少不安定なことがありますので、10年保証などの保証がついていても、10年後にどうなっているかわからないことが多々あります(10年後の廃業率は統計上90%)。そういったことから、保証等は不安定なことがあるのは理解をしておきましょう。

いずれにせよ、専門家である、「店舗販売業者」、もしくは人として信用ができるのであれば「個人事業主」に依頼をされるのが良いのではないでしょうか。

ポイント② 職人の質を見極める

外壁塗装の契約をする際には、無料診断⇒プランニング⇒見積もり⇒契約、と進みます。契約までは基本的には営業マンが行ってくれます。ただし、よく考えてみてください。
実際に外壁塗装を行い、サービスを提供してくれるのは誰でしょうか。そうです、職人です。

いくら営業マンの愛想がよくって、値段を割り引いてくれたからって、その塗装をしてくれる職人のほうが重要ということは忘れないようにしてください。

 

どんな職人が外壁塗装をしてくれるのか?

今は数が少なくなってきてはおりますが、昔の職人さんといえば煙草を吸いながら作業をしたり、ゴミ箱にゴミを捨てなかったり、ということもありました。こういった職人の方には、自宅の敷地には入ってきてほしくはありませんし、塗装も任せようという気にはなりませんよね。

そういったことから職人の方がどういった方をそろえているのかを気にするようにしてください。職人の質はある程度営業マンの方から話を聞くことでわかる場合が多いです。
「どんな職人さんが塗装をしてくれるのですか?」と聞けばよいでしょう。

  • マナーやモラルの話
  • 挨拶をきちんとされるか
  • 後片付けの仕方はどうか

等の話をきちんとしてくれれば安心してよいのではないかと思います。
あくまでも営業マンの質と職人の質は異なり、外壁塗装の本質は職人の質に依存していることを忘れないでください。

外壁塗装ガイド新着記事一覧

外壁塗装に関する情報を発信していきます。多摩地区にちなんだ情報が中心なので、ローカル情報として参考にしてみてください。